ブラックokで融資を受けられる場合

クレジットカードや銀行ローン、消費者金融ローンを借りる申込を個人がしてきた場合、通常、クレジットカード会社や銀行、消費者金融業者は、個人信用情報機関に問い合わせをします。申込をしてきた個人が金融事故を起こしていないかを確認するためです。一般にこの個人信用情報機関に金融事故履歴が残っている場合、ブラックリストに載っているという表現がなされています。つまりブラックリストというものが正式なリストとして存在しているわけではありません。改正貸金業法が施行されて以来、銀行以外の貸金業者は個人への貸付制限がなされているため、さらにこの個人信用情報機関への照会が大切なものとなっています。もっとも消費者金融業者の中にはブラックokとしているところもあり、一概に、ブラックリストに掲載されていることが必ずしも申込不可とされるわけではありません。要は金融事故の程度や状況次第によっては、融資に対応してくれるところがあります。

ブラックokな融資は危険が伴う可能性あり

消費者金融やクレジットカードの支払いが遅延したり、支払いできないで債務整理や自己破産をした人の事を所謂ブラックといい、情報機関にはそういった個人情報が登録されているようです。ですから、そういった人たちが新たにお金を借りたりカードを作ろうとしても、なかなか審査が通らない事も多々あります。融資やカードを作らなくてもいいのであればそれが一番いいのかもしれませんが、どうしてもお金が必要な時もあるかもしれませんし、カードはすぐに利用しなくても持っていた方が便利ではあります。ですが、支払い遅延や債務整理などの前歴があるわけですから、会社側もそういった前歴のある人にお金は貸したくないのは当然です。ですが、インターネットの広告や電信柱に貼り付けられているチラシなどで、たまにブラックokという文字を見かける事があります。一縷の望みをかけて、そういったブラックokと謳われている電話番号に電話する人もいるでしょう。ですが、そういったブラックokな所から融資を受けると、金利が法定利息以上だったり督促が厳しかったりする事があるようです。病気や失業などでどうしても融資を受けなければならない場合は、まずは行政などに相談する方が無難でしょう。

ブラックokでも融資してくれるのか

街やインターネットの広告などで、ブラックokと書かれているのを目にした事があるでしょう。金融業者が融資の審査時に照合する信用情報機関があり、未返済などといった過去5年間の情報に基づいて事故者として登録されている方をブラックと呼んでおります。お断りのブラックリストに登録されているといった方がわかりやすいでしょう。大手消費者金融業者では、審査が厳格でブラックの方に貸し付けを渋りますが、中小消費者金融業者などは審査方法が大手とは異なり、大手で断られたブラックな方でも持ち家の有無や職業などの属性や提出する書類によっては、融資してもらえる場合もあります。このような事例をブラックokと言います。中小消費者金融業者は大手消費者金融業者と違い知名度が低く不安な場合もありますが、貸金業法に基づいて、都道府県知事や財務局に登録されている業者なら問題はありません。